女子の憧れ! 高級和服の「結城紬」の展覧会が開催

イベント

精妙巧緻な匠の手仕事・作品に感嘆と感動!

結城紬、益子焼、日光彫、烏山和紙…。栃木県には庶民の暮らしに根ざし、機能性と美しさを兼ね備えた、素晴らしい伝統工芸品がたくさんあります。

また、陶芸家の濱田庄司や島岡達三、竹工芸家で人間国宝の勝城蒼鳳など、高い技術を有する工芸士も輩出しています。

この展示会では匠の手から生み出された陶磁器、木工、竹工、金工、祭礼用具、織物、染物、染織物をはじめ、諸工芸用具の各分野で活躍する県の伝統工芸士の作品など約250点を展示。人の手から生み出されたとは信じられないような精密で細密な作品の数々にきっと感動することでしょう。

また、ユネスコ無形文化遺産に登録された「結城紬」と、「建造物彩色」とあわせて平成28年に国の選定保存技術に認定された日光社寺文化財保存会の「建造物漆塗」の紹介も行われます。栃木の伝統技・伝統品の魅力に触れてみてください。

注目ポイント 伝統工芸士の優れた手仕事実演

会期中、伝統工芸士の優れた手仕事実演を見ることができます。
また、手仕事体験も行われます。貴重な機会をお見逃しなく!(詳細は公式HPをご覧ください)

【手仕事実演】※要観覧料

日付 内容 講師
5/13(日) 竹工芸 八木澤正氏
5/20(日) 結城紬 栃木県本場結城紬織物協同組合
5/27(日) 日光下駄 山本政史氏
6/3(日) 小砂焼 藤田眞一氏
6/10(日) 佐野衣装着雛 佐野人形協会
6/17(日) 市貝の箕 渋井収氏

 

【手仕事体験】
6/16(土)10:00~12:00/13:00~15:00
(内容)益子焼、指物、竹工芸、和太鼓(ストラップ作成)、藍染、大谷石細工、真岡木綿、建造物彩色
(場所)県庁県民ひろば

栃木県立博物館

企画展 とちぎの技・匠 4月28日(土)~6月17日(日)
宇都宮市睦町2-2
 028-634-1312(栃木県立博物館教育広報課)
公式HPはこちら


※情報はすべて取材当時のものです。価格・メニューなどは変更されている場合があります。
詳細はお店のウェブサイトでご確認ください。

宮めぐり編集部

「宮めぐり」は、宇都宮のあちこちに散らばる素敵なストーリーを形にして、あなたにお届けしていくWebメディアです。

プロフィール
AD
AD
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。