年を重ねても明るく楽しく! 「さくらがおかケアセンター氷室」– PR

さくらがおかケアセンター氷室のスタッフの皆さん
介護・福祉

長く生きていれば、必ずやってくるのが「老い」ですね。

介護が必要になった時、どんなケアが必要で、どんな施設があるのか…きっと、その時になってみないと、本人も家族もわからないのではないでしょうか。

今回は、宇都宮市の東部、氷室町の「さくらがおかケアセンター氷室」をご紹介します。

宇都宮市中心部から車で約40分の住宅地にあり、デイサービスとショートステイ、訪問介護の利用ができます。

吹き抜けがある館内は解放感があって明るく、大きな窓からは四季折々の花が楽しめます。散歩道もあるので、安心してお散歩を楽しむこともできます。

手づくりの食事もおいしい!

ほかにも工夫がたくさん、通うのが楽しくなりそうなケアセンターです。

地産地消のごちそう

さくらがおかケアセンター氷室の食事

食事が何よりの楽しみという方も多いケアセンター。材料にもこだわりがあります。

お米は大田原産、お味噌は羽黒山のふもとでつくられたものを使用しています。

また、館内には畑があり、そこでとれた野菜を使用することもあります。

お昼は、ごはんと汁物以外に5品のおかずがつきます。冷たいおかずを先に、温かいおかずを後に出すという配慮もあり、できたての食事がいただけますよ。

ちょうどお昼時にうかがいましたが、品数豊富でとっても豪華。うらやましくなってしまうほどでした。

芋煮会芋煮会

日々の食事のほか、イベントの時には特別メニューが出ます。たとえば畑で里芋を収穫し、その里芋を使った芋煮会や、夏には流しそうめん大会。敬老会ではバイキングも出ます。時には外出して食事をしてくることも。

「イベントの時には、曜日を振り替えて来られる方もいますよ」と、センター長の青木さん。

ほかに、食べたいものがあればリクエストもできるそうです。

なお、好き嫌いや、薬のために食べられないものにも対応しているとのこと。細やかな配慮がうれしいですね。

ケアセンター内には自然がいっぱい!

館内に植えられたいろいろな花や木

館内の大きな窓からは、どこからでも緑が見えます。広い敷地内には花や木がたくさん植えられていて、四季を通じていろいろな花が楽しめますよ。

チューリップ、菜の花、水仙、ポーチュラカ、ポピー、イチョウ、しだれ桜など、散歩道を歩きながら見ることができます。車社会の宇都宮、お散歩したくても危なかったりしますよね。ここなら安心です。

お風呂からも見える館内のしだれ桜

しだれ桜はお風呂から見ることもできます。春は花見風呂、贅沢ですね!

館内にある畑

また、館内の畑では、きゅうりやなす、いんげん、さつまいもなどを育てています。植え付けや収穫も楽しめますよ。

農作業をしていたことのある利用者の方なら、いきいきと作業できそうです。

館内にあるパターゴルフコース

ほかにもケアセンターには珍しく、パターゴルフコースがあり、パターゴルフ大会も開催されています。盛り上がりそうですね!

ゴルフ好きな方はもちろん、初めての方も楽しめます。

高齢になって介護が必要になると、つい家の中に引きこもりがち。そんな方でも、きっと外に出たくなりますよ。

デイサービス・ショートステイについて

さくらがおかケアセンター氷室外観

デイサービスの1日は、自宅へのお迎えからスタートします。

さくらがおかケアセンター内観

施設に到着したらバイタルチェックを行い、お茶を飲み、午前中はレクリエーション。体操や脳トレ、お出かけする場合もあります。

お昼を食べたら、おしゃべりをしたりテレビを見たり、お昼寝をしたり。

さくらがおかケアセンター氷室の広くて明るいお風呂

午後は窓が広くて明るいお風呂で、ゆっくり入浴できますよ。

さくらがおかケアセンター氷室の廊下に飾られた大きな作品

午後のレクリエーションは塗り絵や貼り絵などの手作業が多いのだとか。廊下の壁などには大きな作品が飾ってありました。

おやつを食べた後は、帰りの時間まで、なんとカラオケ大会が始まるそうです! 「ほかのレクリエーションはぼーっとしている人でも、カラオケになると急にシャキっとして歌う人もいますよ」と青木さん。

カラオケがあるからか、ほかのデイサービスよりもやや男性比率が高く、多い日は6:4くらいだそう。

ショートステイの場合は、午前中に入浴します。お昼を食べたら午後からはデイサービスと同じように、レクリエーションで体操などをします。

さくらがおかケアセンター氷室の個室

夕食が終われば館内でテレビを見たり、おしゃべりをしたり。部屋はすべて個室になっているので、リラックスできますよ。夫婦部屋も1部屋あるので、ご夫婦での利用もできます。

デイサービスを利用する方がショートステイを利用する時も、同じ館内なのがうれしいですね。廊下でつながっているので、利用者の方同士で行き来しておしゃべりしたりするそうです。

老後も、楽しく元気に過ごしたい!

さくらがおかケアセンター氷室の活気のある館内

館内が明るく、利用者の方の笑いがある、活気のあるケアセンターだなというのが第一印象でした。

利用者の方にお話をうかがいました。

「仲良しの人とのおしゃべりが楽しみ。家だと昼間ひとりで食事も味気ないけど、ここでならおいしくいただける」とのことでした。

「利用者さんに笑顔になってもらいたい」と青木さん。イベントでは自ら一芸を披露することも!

イベントの様子は公式ブログで見ることができます。

また、見学、体験デイサービスも随時受け付けています。ぜひ気軽に問い合わせてみてください。

さくらがおかケアセンター氷室

宇都宮市氷室町1014-1
028-670-3131
8:30~17:30
無休(電話にてお問い合せください)
公式ブログはこちら

※情報はすべて取材当時のものです。価格・メニューなどは変更されている場合があります。
価格はすべて税込みです。詳細はお店のウェブサイトでご確認ください。

★周辺にはこんな魅力的なスポットもあります★
20年以上地域の人たちに愛されているお花屋さん

ペット診療もトリミングも。土日も遅くまで診療しているどうぶつ病院

ヤクルトレディさんでおなじみ♪ 下平出~ゆいの杜や高根沢町までお任せ!

【関連記事】

関西出身、沖縄移住を経て、現在那須塩原市在住。家族は夫と息子、うさぎ2匹。栃木県の好きなところは、お米や野菜がおいしく、人が親切なところ。趣味は料理、旅、歌...

プロフィール
AD
AD
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。