宇都宮城址公園近く! トリミングもOKな動物病院- PR

菜の花どうぶつ病院でトリミングを受けている看板犬リンちゃん
その他

宇都宮城址公園に近い、県道35号線沿いに桜色の大きな柱が目立つ建物、「菜の花どうぶつ病院」がオープンしました。

菜の花どうぶつ病院内観

ピカピカのガラスのドアが開くと、菜の花色の明るいエントランス。

正面に受付カウンター、左手にネコちゃん専用の待合スペースと診察室、右奥に進むとワンちゃん専用のコーナーと診察室、トリミング室があります。

どうしてわかるかというと、可愛い動物の絵が付いているからなんですね♪

コミュニケーションを大事にした丁寧な診察

菜の花どうぶつ病院の内田二依菜院長と看板犬のリンちゃん

内田二依菜院長は2歳のときから小学生時代を、動物大好きな少女として宇都宮で育ちました。中学高校とイギリスで過ごし、帰国後は獣医を目指して大学へ。自身が動物好きになった街・宇都宮での開業が夢だったそうです。

また、今も犬に多い病気である皮膚病を研究しており、多忙ななか皮膚科認定医の資格取得に向けて、埼玉にあるどうぶつの総合病院(二次診療施設)で研修も。

「総合病院では、小さな動物病院ではあまり体験できないさまざまな症例を扱っているので、とても勉強になります」と。まだ若い院長先生ですが、信頼できる総合病院との太いパイプがあり、とても心強い。

海外経験が豊富な院長先生にはこんな想いもあります。

菜の花どうぶつ病院診察室

「日本では動物に限らず、普通の病院でも診察時間が限られていますし、医師に自分の状態を話すことにためらう雰囲気があります。でも海外では家族の話や病気の様子などをじっくりと話すことができて、そこから治療の糸口がみつかったり、家族も安心できたりします。なので、ここでは、初診に時間をかけて、ワンちゃんネコちゃん、そのご家族とのコミュニケーションを大事にしています」

丁寧な診察が基本であるため、病院では予約がおすすめ。ペットに関するいろいろなことを聞かれるので、時間に余裕を持ってでかけましょう。

診察と一緒にトリミングも受けられる!

トリミングサロンの窓からトリミングしている様子が見える
今はちょうど狂犬病の予防注射のシーズンでもあるので、先生にうちの犬のことを、相談してみました。

うちには7歳のオスのチワワがいるのですが、自宅近くの動物病院はトリミングの予約が取りづらく、しかもホテルは日曜祝日NGのため、やむなく病院とトリミングとホテルが別々のところになっており、ずっと全部1カ所でできる動物病院を探していました。混合ワクチンは2年前に接種しています。

先生は「今回はトリミングの後で混合ワクチンをやり、狂犬病は1カ月空けて体調のいいときに」とのこと。

混合ワクチンもどのくらいの周期で受けたらいいのか、3種から5種まで何種受けたらいいのか、これまで違いも判らずすべてお任せでしたが、犬の行動範囲(ドッグランに行くとか、山里を散歩するなど)によって種類を選べばいいことを教えていただきました。

さっそく、予約をお願いしました。予約はLINEでもOK! 当日は先生がそのときの犬の状態をチェック、トリマーの方に慣れるための時間も必要なので、9:00頃病院に連れていき、お迎えは16:00頃で、とのこと。

後日、犬を預けてしばらくすると、病院から電話があり肛門腺に炎症があるので、今日はその治療とトリミングだけで、ワクチンは後日炎症が治まってからということに。

だいぶ前からお尻を絨毯にこすりつけていましたが、まさか病気だったとは。

やっぱり、こういった異変に早く気付いてもらえるのは、獣医師がチェックしてくれる病院ならでは。ほっとしました。

夕方迎えに行くとトリマーさんにすっかり慣れた様子。可愛いアルバムも作っていただきました。

それぞれのワンちゃんに最適なスキンケアを提供

トリマーの内田院長のお母さまが看板犬リンちゃんをシャンプーしている様子

トリマーさんの一人は内田院長のお母さま。

開業するにあたって手先が器用だった彼女がトリマーの勉強をして娘をサポートしています。こんなアットホームな雰囲気もここの魅力。

「犬の皮膚の厚さは人間の1/3。だからシャンプーするときに、強くこすると皮膚にダメージを与えやすいんです。ここではその子にあわせたシャンプーとトリートメントを使い、皮膚の状態により、それぞれのワンちゃんに最適なスキンケアを提供しています。基本はきめ細かい泡とナノバブルの泡シャンプー。ソフトなシャワーで優しく洗い上げること」だそう。

気持ちよくてうっとりした表情の看板犬リンちゃん

この日、モデルになった看板犬・リンちゃんは、気持ちよくてうっとりした表情です。

患者専用のペットホテルも完備

菜の花どうぶつ病院のネコちゃん用のペットホテルの部屋

ペットホテルは患者専用のサービス。

ここもワンちゃんとネコちゃんは別の部屋になっており、ケージはゆったり広め。個室や清潔な室内ドッグランもあります。

隣室のワンちゃんの鳴き声が聞こえないよう、防音対策もしっかりされ、預けられた子たちがストレスを感じないように配慮されています。そして何よりも医院内にあるので、獣医師が健康状態をチェックしながら預かってくれる点が安心です。

一番預かって欲しい休日OKというのも、うれしいですね!(GW、お盆休み、お正月の連休日は、別途料金)

大切なうちの子のためにこんな動物病院を待っていた♪ 気になった方はHPをチェック。

菜の花どうぶつ病院外観

菜の花どうぶつ病院

宇都宮市本丸町14-2 MAビル1F
028-639-6027(予約優先)
9:00~12:00、15:00~18:00(12:00~15:00 予約診療・検査・手術)
日曜・祝日定休(火曜:完全予約制、第1水曜:院長が研修のため休診)
診療科目:一般診療(内科・外科)、皮膚科、検査・各種予防接種
公式HPはこちら

トリミング(完全予約制)

050-6864-0084(専用電話)
9:00~18:00
日曜定休
メディカルスキンケア、シャンプー・カット、その他

ペットホテル

028-639-6027
9:00~18:00
犬、猫の一時預かり・宿泊(その他の小動物は問い合せを)
チェックイン・チェックアウトは診療時間内

※情報はすべて取材当時のものです。価格・メニューなどは変更されている場合があります。
価格はすべて税込みです。詳細はお店のウェブサイトでご確認ください。

★周辺にはこんな魅力的なスポットもあります★
一粒食べだすと手が止まらない美味しさ!

一流の講師陣が集まるタレントスクール

漢方の無料相談もできる町の薬局♪

【関連記事】

宮ニコ

「るるぶ」「オズマガジン」「地球の歩き方」など旅行雑誌のライターを経験。整体や料理関係の書籍も。健康、旅、料理について関心が高い。現在ハマっているのは英会話...

プロフィール
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。