2022うつのみや花火大会

ミヤリーちゃんとみやどん
宮ルポ

2022年4月5日、「2022うつのみや花火大会キックオフ」が開催され、今年の概要が発表されました。

花火大会概要

開催日:2022年8月13日(土) 雨天決行(荒天時は8月14日(日)に順延)
予備日:2022年9月3日(土) 雨天決行(荒天時は9月4日(日)に順延)
会場:宇都宮市道場宿緑地
打ち上げ発数:2万発(予定)

【新型コロナウイルス感染症対策】
栃木県が発表しているイベントの開催制限事項に基づき随時対応。
・事前予約制による来場者の把握と管理、席の密集回避
・マスク着用
・手洗い、手指消毒の徹底
・飲食の制限
・施設消毒
・スタッフおよび出演者の感染防止対策

キックオフの様子をご紹介

2022うつのみや花火大会会長

大野孝史会長

大野孝史会長
「多くの方が応援してくださっている花火大会。今年こそは会場にお客様を入れて開催して、みなさんに元気をお届けしたい、宇都宮のまちが元気になってほしいという想いを込めてテーマを「元気」としました。私たち運営メンバーが明るく元気よく、全力で活動することで、かがやく未来が来ると信じています。花火を見て、多くの方が元気になり、100年続く花火大会になることを確信しています。コロナ対策、安全対策を行い、3年ぶりの花火大会を開催したいです」

うつのみや花火大会名誉会長

名誉会長・佐藤栄一宇都宮市長

名誉会長・佐藤栄一宇都宮市長
「うつのみや花火大会は運営スタッフがすべてボランティアです。すべての準備を手弁当で行う大会が全国他にあるでしょうか。まちづくりは人づくり。人づくりはまちづくり。頼もしい存在です。人は忘却の力を持っていますが、楽しかったことや嬉しかったことは忘れません。コロナや安全対策を徹底して、みんなが喜ぶ、元気な大会にしましょう」

花火大会を盛り上げる2代目「花男・花女」

4人の想いと意気込みをご紹介(右から)。

2022うつのみや花火大会花男花女

2代目花男・花女

福田 陽彩(ふくだ ひいろ)さん
今年のテーマ「元気」にふさわしく、盛り上げていきます。2代目花男として、花火大会を楽しみにしている方たちに元気を届けたいです。精一杯がんばります。

佐藤 日和(さとう ひより)さん
生まれも育ちも宇都宮の宮っ子です。子どもの頃の一大イベントだった花火大会。幼いながらに心奪われました。開催できなかった2年分の熱い想い、そして花火を見てがんばろうと思えるよう、みなさんの元気の源になれるようがんばります。

青木 美優(あおき みゆう)さん
学校で地域交流を学びました。この活動を通して自分自身の成長にもつながると思い応募しました。たくさんの人の想いを繋ぎ、元気に私らしく応援していきたいです。

関口 和典(せきぐち かずのり)さん
花火大会を楽しみに来られる方をおもてなししたいです。今年こそは! とたくさんの方が動かれています。自分の明るく元気なところを生かして、たくさんの方が夏の思い出を作れるよう渾身の思いで盛り上げていきます。

イメージソング「魂花繚乱」

元気な歌声が響き渡りました。

声優・アニメソングシンガーを目指して宇都宮で活動をする21歳の大学生、平瀬真夜(ひらせまよ)さんが歌う「魂花繚乱」がイメージソングに決定。平瀬さん自ら作詞作曲も手掛け、「元気が宿る一人ひとりの魂を花火に乗せて、夜空に咲き乱れる」情景をイメージしながら、元気の出るエネルギッシュな内容に仕上げたそうです。公式ウェブサイトで、フルバージョンが公開されています。

※花男・花女および平瀬真夜さんは、事前にコロナウイルス検査を受け、陰性が確認されたため、当日はマスクなしでの披露となりました。

3年ぶりの開催が楽しみです。

NPO法人うつのみや百年花火
公式ウェブサイト
公式Twitter
公式Instagram

★過去のうつのみや花火大会の記事はこちら★


宮めぐり編集部

「宮めぐり」は、宇都宮のあちこちに散らばる素敵なストーリーを形にして、あなたにお届けしていくWebメディアです。

プロフィール
AD
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。