介護のトータルサポートで笑顔の絶えないシニアライフを「さくらがおかケアセンター」で – PR

さくらがおかケアセンター外観
介護・福祉

※撮影、取材は2020年4月7日に行いました。

宇都宮環状線・通称「宮環」添いにある「スーパースポーツゼビオ宇都宮細谷店」から西へ約500m直進すると、左手に見える「さくらがおかケアセンター」。

ここはデイサービスセンター・ショートステイ・サービス付き高齢者住宅・訪問看護センター・定期巡回随時対応型訪問介護看護・居宅介護支援センターと、6つの事業所が1カ所に集まる、栃木県内でも珍しい介護の複合施設です。

デイサービスはここ、ショートステイはあっちの施設へ…と、いろいろな施設に行かずとも、ここだけで済むのは、利用者側からするととても魅力的。

各事業所のスタッフ同士も、普段からコミュニケーションを欠かしません。

「デイサービスを利用しているAさんが、今度初めてショートステイを利用するからよろしくね。趣味はこれで、好きな食べ物はあれで…」といったふうに、利用者の情報共有も行っています。

スタッフは施設内をあちこち行き来していますから、利用者の方もスタッフの顔を自然と覚えます。

ですから、初めて利用するサービスでも、身構えることなく受けることができるそうですよ。

事業所が1カ所に集まる利点ですね。

6つの事業所の基本的な内容をご紹介

「さくらがおかケアセンター」に集まるセンターと事業内容を、かんたんにまとめてみました。

さくらがおかケアセンター各事業内容

事業所名 事業内容 サービス内容
デイサービス 介護保険の認定を受けた方が、自宅での生活が続けられるよう、身体機能の維持や向上を目指して機能訓練を受け、スタッフやほかの利用者の方との交流を通して、孤立感解消や認知症予防を図る、介護保険サービスです。介護者(ご家族)の身体・精神的負担も軽減します。 送迎、食事・入浴・排せつ介助、看護師による健康チェック、趣味(将棋など)、レクリエーション・外出レクリエーションなど。
ショートステイ
(短期入所生活介護)
65歳以上で、介護保険の要支援または要介護1~5の認定を受けた方、または満40歳以上満65歳未満で、特定疾病により介護保険の要支援または要介護1~5の認定を受けた方が対象。在宅で介護やリハビリを受けている方が、一時的に施設での療養や介護、リハビリや生活支援を受けるサービス。介護度によって利用できる日数が異なります。介護保険制度適用と適用外があります。 送迎、食事・入浴・排せつ介助、看護師による健康チェック、趣味(将棋など)、レクリエーション・外出レクリエーションなど。
サービス付き高齢者向け住宅 入居者の住居の安定確保を目的とした住宅。60歳以上、もしくは要介護認定を受けた60歳未満が対象です。生活相談員が常駐し、安否確認や生活支援、介護や医療のサービス支援も受けられます。住宅の契約更新はありません。 利用者により異なります。
定期巡回随時対応型訪問介護看護 看護師が利用者宅に行き、病気や障がいに応じた看護を行い、健康状態の悪化防止や回復に向けたお手伝いをします。また、主治医の指示を受け、病院と同じ医療処置も行います。 健康・病状の観察、生活相談やアドバイス、リハビリ、点滴・注射などの医療処置、服薬管理など。
訪問介護 要支援1~2、要介護1~5の方が対象。介護福祉士(ケアワーカー)や訪問介護員(ホームヘルパー)が要介護者・要支援者の自宅へ直接訪問し、食事や入浴・排せつ介助など身体介助をはじめ、掃除や洗濯、料理など家事の面でもサポートを行います。 車いすや車への乗り降りを手伝う移乗介助、床ずれ防止の体位返還、散歩補助、ゴミ出し、買い物代行、部屋の片づけなど。
居宅介護支援
(ケアマネジメント)
要介護1~5の認定を受けた方が自宅で適切なサービスが受けられるよう、担当ケアマネジャーが、介護を要する方から相談や要望を聞き、それに応じたケアプランを作成。適切な介護サービスの提供者や事業者との調整や、介護サービスの手続き代行を行います。 ケアプラン作成、ケアプランに基づいたサービスを提供する事業者や施設との連絡・調整。

詳細や気になるサービスは、担当のケアマネジャーさんもしくは「さくらがおかケアセンター」に直接確認してくださいね。

「さくらがおかケアセンター」各事業所の明るいスタッフさんと施設をご紹介!

「さくらがおかケアセンター」のスタッフの皆さんから、利用を考えておられる読者の皆さまへ、メッセージをいただきました。

デイサービス 管理者 大森 秀樹さん

さくらがおかケアセンターデイサービスの管理者さんデイサービス 管理者 大森 秀樹さん

1日1回、利用者の方に笑っていただけるように、また、各職員が皆さまにお声がけするよう心掛けています。

さくらがおかケアセンターデイサービスの利用者さんの手づくりの室内飾り紙でつくられた花飾りなどは、手先のリハビリなどもかねて利用者の方々と楽しみながらつくっているそう

レクリエーションや他の利用者の方との会話や交流を楽しまれる方もいれば、1日寝て過ごされる方もおり、過ごし方は自由です。

さくらがおかケアセンターのデイサービスのお風呂入浴介護も行っています

さくらがおかケアセンターのデイサービスにある車いす用のお風呂車いすの方用の入浴設備も完備されています

サービスを利用したことがない、またはサービスに不安がある方は、ぜひ1度お試しでいらしてください。来たら案外楽しいかもしれませんよ。

ショートステイ 管理者兼ユニットリーダー 木津 智美さん

さくらがおかケアセンターショートステイの管理者さんショートステイ 管理者兼ユニットリーダー 木津 智美さん

ご家庭での介護が一時的に難しくなったとき、介護疲れでリフレッシュされたいときにご活用ください。

さくらがおかケアセンターショートステイにある共同スペースショートステイにある共同スペース

さくらがおかケアセンターショートステイのお部屋バリアフリーで広々としたお部屋♪

利用者の皆さまは、ここで過ごされる間は、ご飯を共同スペースもしくはお部屋で食べても自由。

トイレやお風呂も利用者の方々のペースでご利用いただけます。

ショートステイの利用者さんとつくったイースターの飾り季節の飾りなどを手先のリハビリをかねて、楽しみながらつくっているそう。取材に訪れた日はイースターの飾りでした♪

毎日レクリエーションを行い、オセロや将棋、かるたや塗り絵、ときには計算ドリルなどもやりながら、脳の活性化も促しています。

認知症の方も安心しておまかせください。職員と利用者の皆さまの相性にも配慮しながら、快適に過ごすお手伝いをいたします。

居宅介護支援 管理者 鈴木 勝也さん

さくらがおかケアセンター 住宅介護支援のスタッフさん鈴木 勝也さん(前列右)、小菅 和子さん(前列左)、三串 智子さん(後列右)、池澤 美由紀さん(後列左)

ご自宅での介護を希望されるときに欠かせないのが、ケアプランです。

ご家族や介護されるご本人のご意向をお聞きし、第三者(ケアマネジャー)の視点からも見て、必要なサービスが何かを判断し、適切なプランを提示できるよう心掛けています。

ご家族の介護やおひとりでの生活の不安、介護や費用の悩みもお気軽にご相談ください。相談は無料です。

定期巡回随時対応型訪問介護看護 副管理者 五十畑 友加里さん

さくらがおかケアセンター定期巡回随時対応型訪問介護看護の副管理者さん定期巡回随時対応型訪問介護看護 副管理者 五十畑 友加里さん

訪問介護に近いサービスを行っています。

定期巡回は1日1回の方もいらっしゃれば、1日3回訪問させていただく方もおり、利用される方にあわせて、生活のサポートをいたします。

昼は仕事などで家を空けるご家族に代わって、料理をレンジで温めたり、服薬や安否確認、掃除などを行ったりしています。

転んだ、体調が悪いなどの時に使える緊急コールもあるので、すぐにかけつけることもできます。

家で過ごしたい利用者さまとご家族さまの不安を解消できるよう、お手伝いいたします。

サービス付き高齢者住宅 訪問介護 管理者 日下部 亜依さん

さくらがおかケアセンター サービス付き高齢者住宅訪問介護のスタッフさん榎並 陽子さん(写真左)、日下部 亜依さん(写真中央)、谷中 友紀さん(写真右)

完全個室で、ベッドも広々。おひとりで住むには十分な広さのバリアフリーのお部屋です。

サービス付き高齢者住宅にあるお風呂

お風呂もおひとりでも入れますし、支援が必要な方は介助します。

さくらがおかケアセンター サービス付き高齢者住宅訪問介護のリビングサービス付き高齢者住宅にあるリビングスペース

スタッフは入居されている皆さまが不便を感じ、困っていることがないかをお話して、お手伝いすることも。必要であればケアマネジャーにも相談します。

見守り、安否確認、お悩み相談、訪問介護、デイサービスの利用など、さまざまな介護を受けることができます。

厨房 栄養士 小野寺 沙耶さん

さくらがおかケアセンターの栄養士さん厨房 栄養士 小野寺 沙耶さん

ご年配の方=和食ではなく、ロコモコ丼やミーゴレンなど、「こういうものを食べたらよろこんでもらえるかな?」というメニューもお出ししています。

珍しいメニューは、皆さまからご意見を伺い、辛さなどの調整も行なっています。

さくらがおかケアセンターの取材に行った日の食事取材でお邪魔した日のメニューは、明太クリームパスタ・ブロッコリーサラダ・コンソメスープ! 完食された方も多かったそう♪

カレーやピザ、揚げ物や丼ものなどボリュームのあるものでも、皆さまぺろり。

食材から季節を感じ、栄養を摂っていただきたいので、旬の野菜を生で提供することを心掛けています。

おやつも要望があれば可能な限りお出しします。どら焼きや今川焼など、あんこものが人気ですね。

お料理を楽しみにしてしてくださる皆さまのために、バランスを考えておいしいお料理をおだしします。

スタッフには利用される方としっかり向き合って接してほしい

さくらがおかケアセンターのセンター長さんセンター長 沼尾 知明さん

「サービスが違うと、介護もやることが異なってきます。ですが、サービスを超えた連携が何よりも大切。スタッフには事業所の垣根を越えて、利用者の皆さまの好みや性格、どんな話が好きかなどを把握してほしい。その方にしっかりと向き合ってほしいですね」と語ってくれたのは、センター長の沼尾知明さん。

スタッフが利用者1人ひとりと関わりをもち、表情や動きから少しでも変化を感じたら、即対応する。そんな日々のコミュニケーションと、ご家族へのまめな連絡に、とても感謝してもらえるそうです。

センター長をはじめ、携わるスタッフ1人ひとりが、利用者の方と真摯に向き合う「さくらがおかケアセンター」。

介護が必要になった時は思い出してくださいね。

さくらがおかケアセンター

宇都宮市宝木町2-2570-12
028-680-5490
8:30~17:30
公式HPはこちら


※情報はすべて取材当時のものです。価格・メニューなどは変更されている場合があります。
価格はすべて税込みです。詳細はお店のウェブサイトでご確認ください。

K.Haruko

N県出身、ライター歴9年。東京でエンタメ誌、求人サイト、ガイドブック、タウン誌、美容系広告制作などを経験。夫の転職に伴い移住し、宇都宮市民歴は7年目に突入。...

プロフィール
AD
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。